不動産時価鑑定評価相談センター │ 評価実績400件以上

低額譲渡を防ぐ長野県の不動産鑑定評価相談センター

【対応地域】諏訪地域(諏訪市、茅野市、岡谷市、下諏訪町、富士見町、原村)

090-4204-2349

電話受付時間 : 平日9:00~17:30 休業日:水日祝日(緊急案件は休日も対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

相続申告で不動産鑑定士の評価(茅野市、諏訪市、岡谷市、下諏訪町)を使う上での特別事情の4つの判断基準。税務署は評価通達による評価を形式的に適用すると合理性の欠如した結論になっていたとしても納税者には教えてはくれません。

相続申告で不動産鑑定士の評価書を利用しても、それを税務署に否認されることがあります。

4つ特別の事情がひとつの判断基準になります。

1.評価通達による評価の合理性の欠如
評価通達による評価を形式的に適用すると合理性の欠如した結論になる

2.他の合理的な時価の評価方法が存在する

3.評価通達による評価と合理的な時価の評価方法に著しい乖離の存在

4.納税が自身の行動で乖離が存在することを示す
税務署は評価通達による評価を形式的に適用すると合理性の欠如した結論になっていたとしても納税者には教えてはくれません。

Return Top