不動産時価鑑定評価相談センター │ 評価実績400件以上

低額譲渡を防ぐ長野県の不動産鑑定評価相談センター

【対応地域】諏訪地域(諏訪市、茅野市、岡谷市、下諏訪町、富士見町、原村)

090-4204-2349

電話受付時間 : 平日9:00~17:30 休業日:水日祝日(緊急案件は休日も対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

不動産評価は複雑!相続で税務署に狙われやすい財産は不動産よりも預貯金、株式等の金融資産、特殊なケースで不動産鑑定評価は有効

不動産評価は複雑!相続で税務署に狙われやすい財産は不動産よりも預貯金、株式等の金融資産、相続対策は不動産の組み換え、特殊なケースで不動産鑑定評価は有効

人がなくなると市役所等から固定資産税評価額の情報(誰がどれくらい不動産を保有しているか)が税務署に通知されます

税務署は通知を受けて相続税が発生しそうな方をこの時点で特定できます

市役所からの通知により税務署は容易に不動産を把握できますが、実際に税務署に狙われやすいのは金融資産です

相続税での不動産の評価は複雑な計算と見解に多様性があり調査に労力がかかり人員が限られている税務署は消極的と言われています

預貯金、株式等の金融資産であれば評価が単純であり、金融機関からの情報で資金の流れが追いやすくターゲットになりやすいです

つまり不動産対策をしっかりしておけば狙われにくいです

相続税の申告における土地の評価は財産基本通達により原則として路線価評価または倍率評価です

通常の一般住宅で不動産鑑定評価は否認されるケースがあります。
しかし敷地が大きく、宅地分譲地になりそうな田んぼだったりは鑑定評価有効である特殊なケースに該当します

Return Top